”食ごと”への想い

webマガジン「食ごと帳」にお越しくださいましてありがとうございます。
主宰・編集長の國枝 加誉(くにえだ かよ)です。

私のプロフィールの前に、「食ごと」がどうして始まったのかをお伝えいたします。


【食ごと帳について】

食ごと帳のスタートは、「食ゴトproject」から。食事を「モノ」ではなく「コト」として捉え、食や集いの大切さをみんなで考え行動する活動です。

故・奥山学さんとの出会いから始まりました。

自身の病気を通じて食の大切さを痛感した奥山さんが発案。私自身も食と関わりの深い病気をしたことから管理栄養士となり、その方の思いに強く深く共感しながら、自分のライフワークとして自分なりの食ゴトを始めることにしました。

食という漢字は「人」の下に「良」と書いて成り立っています。生命を維持するだけではなく、楽しみながら心の栄養としていくことも、人を良くする食の意義。食についての5W1Hを考えると、常に食をモノではなくコトで捉えることの重要性を感じます。

 

  1. Who(誰が)食べるのか?
  2. What(何を)食べるのか?
  3. When(いつ)食べるのか?
  4. Where(どこで) 食べるのか?
  5. Why(なぜ)食べるのか?
  6. How(どのように) 食べるのか?

 

奥山さんの遺志を継ぎ、私ひとりではできることも限られてしまいます。仲間と共に活動し始めましたがタイミングが合わずにうまく連携できなかったことも。でも、改めて食ゴトという活動を「継続して残すこと」を明確な目標とし、そして自分が「言葉が好きなこと」を考え、Webマガジンとして継続することを決意しました。
私なりの食ゴト、それは「食を通じて楽しみながらの健康作りを応援する」ための情報を、マイペースに発信していくことです。色んな方と交流し体験しながら、私の食ゴトを形づくっていきたいと思います。

奥山さんが命をかけて伝えたかった「食の大切さ・楽しさ」を、様々な角度から言葉と共に残していきます。また、仲間と一緒に、細く長く幅広く奥深く、活動を続けてまいります。


 

【編集長プロフィール】

國枝 加誉 Kayo Kunieda

「美味しく楽しく健康に」「なんでも聞ける隣の管理栄養士」がモットーの生粋の大阪人。

prof2

【保有資格・肩書】

・ほまれ 代表
ほまれの理念・活動フィールドはこちら
ほまれができること

・健康食育シニアマスター

・管理栄養士

・大戸屋食育セミナー 認定講師

・日本健康食育協会(健康食育マスター講座) 認定講師

・日本野菜ソムリエ協会 認定講師

・オリーブオイルソムリエ協会 認定講師

 

【略歴】

大阪府大阪市出身。同志社女子大学 生活科学部 食物栄養科学科 管理栄養士専攻卒業。大学病院での病棟専任栄養士、外食産業でのメニュー開発のほか、栄養士以外では塾講師やテレマーケティング業界での経験から、執筆や人前での講話等のスキルを磨く。2010年秋より東京へ。医療健康系のコンテンツ企画・プロモーションに従事する。

2012年8月より日本健康食育協会(略称:JHE)に所属し、自ら様々な講義、セミナー・講演等で登壇を重ねながら、健康食育マスター講座およびJHE事務局の運営、人材育成に従事。

2015年5月より、屋号「ほまれ」にてフリーランスとして活動。同年10月より拠点を大阪に構えつつ、セミナー等での活動範囲は全国に渡る。
「一汁一菜研究家」として、日々楽しく美味しく実践できる『食健康の知恵』を伝え、ひとりひとりの健康の実現を目指して活動している。